質屋

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 ↓クリックしてね>ω<!
人気ブログランキングへ

  • 2017/05/26(金) 11:20:34

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力



 ↓クリックしてね>ω<!
人気ブログランキングへ

  • 2017/05/12(金) 17:57:44

お誕生日に彼君からのメールはこなかった。
私、やっと泣いた。
1月に彼君に別れますというメールを送って、それから彼からのアクションが何もなかったことから、なんとなく彼とはまだ繋がっているような気がしていた。
何かのきっかけを期に、また関係が戻るんじゃないかとさえ思っていた。
正直な話、また会えると思っていた。

でも、違った。
彼君からはメールはこなかった。
私は日付が変わるとメールが届くと思っていた。
短い「おめでとう」でもいいから、彼君からメールが届くと信じていた。
12時を過ぎて、1分、2分・・・15分経ってもメールは届かなかった。
ずーっとこの恋愛の事を考えていたのは、私1人だけだったのだ。
彼君の中では、私との恋愛はもうとっくに、それこそ1月に、終わってしまっていたんだね。
知らなかったよ。
私だけだったんだ。

これで本当に最後だった。
もうこの日以上に連絡をとる日なんて存在しない。
私と繋がる気持ちがあるのなら、お誕生日以上に言葉をかける日なんてない。
つまり、本当の本当のさよならだ。
そう思ったら、涙が出た。
やっと、泣いた。
1月に別れ話をしたのに、何故か全く泣けなかった。
怒っていたのも、もちろんそうなんだけど、やっぱりどこかで別れを信じていない自分がいた。
でももう、どんな言い訳も通用しないよね。
彼君の中では私との事は終わったのだ。
本当に本当に、これでさよならだ。

彼君、ありがとう。
沢山守ってもらったって、思ってるよ。
ありがとう。
私を受け入れてくれて、ありがとう。
私を責めないでくれてありがとう。
7年間、本当に大好きでした。
さようなら。



 ↓クリックしてね>ω<!
人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。